4件のコメント

  1. 通りすがり

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
     日本人は当たり前に思っていて、ヨーロッパ・イギリスなどでは違う事。価値観の共有。ヨーロッパでは、第二次世界大戦、アメリカでは太平洋戦争、日本では大東亜戦争、と呼ばれた戦争の前、お昼からラジオをつけて音楽を楽しみ朗読を聞きなどと言う事が出来たのは日本とアメリカだけ(同程度の教養、価値観)で、今でもですが、ヨーロッパは厳とした階級社会(現在大使クラスの人と付き合ってみればすぐ社交界が存在している事が解ります)であり、価値観がはっきり分かれます。
    それに他民族が入り交じっています。
    アメリカは日本語訳にもある、合衆国です。合[色:FF0033]州[/色]国ではありません。その理想は王を置かない衆の集った国と言う意味で人工的にですが階級社会のない国を作りました。
    (人種差別は別問題)
    で、ヨーロッパイギリスでは、家電などあったら便利だと何でも買ってしまう日本人と、チンなんかしなくたってお湯に入れて暖めればそれで済むと考える人もいるのが大きく西洋という所で、価値観の共有がありません。
    フランスにエノキアン協会という老舗の集まる会があります。そこでは創業二百年以上の会社のみが加入できますが、ヨーロッパ中から百七十四の会社が候補に上がりました。が、それに値する企業は、日本一国だけで少なくとも二百社以上あり、協会の最も古い会社は、フィレンツェのトルリー二社という金銀細工の企業で、創業一三六九年。
    ところが日本ではそれ以前の古い会社が十四社以上もある。最も古い企業は五八九年のもので、それより八百年も古く、四天王寺をたてた建築会社「金剛組」が現在も大阪にあります。
    このように、寺社建築一つにしても聖徳太子の時代から価値観が変わらず同じ物を共有する事が出来る数少ない民族なんですね日本人は。 量販店が出来、流行るというのは、そういう事でもあると思います。ここのデザインになっている、「かまわぬ」柄の浴衣は現在も古典柄として売れていますよ。
    洋服に関してはコルセットからの開放と言う点でココシャネルは偉大でしたが、庶民には関係ありませんでしたね。一般の洋服が誰でも手に入れられるようになったのは、アメリカの大量生産によります。

  2. dim sum

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    一時帰国で東京に住んだとき、ドンキホーテに恍惚うっとりしによくいってました。ヨドバシカメラもビックもね。
    アメリカにいたときはウォルマート、ターゲット、その他量販店で旧社会主義国からきた留学生の女の子といっしょに、ウットリ。
    今いるところ、品数が少ないしチョイスもすくない。社会主義みたいなもんですよね。フランスもそうかもなあってこの夏、感じました。いまは私もアマゾンでバーチャルうっとり中です。

  3. mikibu-

    SECRET: 0
    PASS: 749e76cbdca8423cf8863d009c75564c
    これは興味深いお話。。。
    同じヨーロッパでこんなに値段が違うとは!しかも送料の安さ!
    この前日本で初めてアマゾン購入してみました。フランスのは怖くてしてません。ドイツから無事に届く事をお祈りしてます。
    無事届いたら(ドイツだったら大丈夫のような。。。)これからはドイツ購入ですね!

  4. 爛漫子

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >通りすがりさん
    エノキアン協会ってコンセプトおもしろいですね。Wikiで調べました。月桂冠がはいってるって。さすが京都だ!
    >Dim sumたん
    Amazonでバーチャルうっとり。。わがるー。
    Ebayもしょぼいものが高いからフランスは・・・悲しくなります。
    >みきぶーさん
    電化製品はドイツに限るわ。安いし。種類も多い。まだオーダーして3日目ぐらいなので、また報告しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です