ル・コルビュジエとトロネ修道院

気難しい建築家でさえもプロヴァンスには夢中になります。

午前中はシトー派のトロネ修道院へ。シトー派とはカトリック教会に属する修道会で、清貧、沈黙のうちに祈りと労働の生活をモットーにした厳格な生活をする事で知られており、あのブルゴーニュではクロ・ド・ヴージョ のぶどう園が有名。「粗い石」 ル・トロネ修道院工事監督の日記というあまりにも有名な著書は世界中の建築家に影響をあたえており、特にこの修道院で、見るべきところは、空間の形、材質そして色彩が一体となって、ここプロヴァンスの独特な陽光の視覚化を実現しているところ。回廊の光と石の材質そしてシャペルのグレゴリー讃歌を聞けたらそれはもう天使の歌声。

そして午後はマルセイユ市内に戻り、ルコルビジェのユニテ・アビタシオンへ。輝く都市に代表されるル・コルビュジエの都市計画案を、集合住宅として垂直方向に実現したともいえる建築作品。1階はピロティとされるとともに、屋上庭園も見逃せません。全体はモデュロールに基づいて設計されており、1950年代としては斬新であった工業化・規格化が試行され、鉄筋コンクリートの骨組みにプレハブ化された住戸をはめ込む構造を採用。

ふだんは見ることができない内部までの見学をガイドが通訳致します。

人を驚かせたり、権威づけたり、誇張するものではないという主張の元つくられたシトー派建築と、ひとつひとつ表現や主張を感じるユニテのコントラストをお楽しみください。現地ガイドへの質問もご自由にしていただけるよう少人数でのツアーとなります(2人から6人)

料金   お1人様料金150€ (5名様同乗の場合)
所要時間 8時間半 (走行予定距離280km)

ツアー内容

 9:00 
ホテルへお迎え

 エックス・マルセイユ市内ホテル出発9時 TGV駅からのピックアップも可能です。
 11:00 
プロヴァンスの三姉妹と呼ばれるトロネ修道院

 ロマネスク様式の代表的なこの修道院の内部には壁画や彫刻のような装飾がまったくなく、石のアーチと壁と回廊がみもの。「粗い石」ゴンクール賞受賞小説もできれば訪れる前に。
 13:00
ご昼食
(別途)
 体調にあわせて地中海を眺めながらブイヤーベースも可能です。旧港を散策しながら。地元で評判の新鮮なシーフードレストランなどご案内します。
  14:30
マルセイユフォトストップ
 2600年の地中海都市マルセイユを車内でまわります。 ノーマン・フォスター, ルディ・リコティ, ステファノ・ボエリ, 隅研吾 ,ザハ・ハディッド, パトリック・ブーシャン,プイヨンなど
15:30
世界遺産ル・コルビュジエ建築
ル・コルビュジエの現在も人が住むアパートですので訪問もお静かに。1階はピロティとされるとともに、屋上庭園も見逃せません。
17:30
ホテルにて終了
市内の駅やホテルまでお送りいたします。

お申込の流れ

【1】お問い合わせページで日程・参加人数等をお知らせください。
【2】予約確認メールをお受け取り後に内金をお支払ください。入金確認後に予約の確定ととなります。。
【3】一旦ご予約が確定した場合はいかなる場合もキャンセルチャージの対象となります。
【4】当日のスムーズな出発のために日本の携帯番号もしくは移動用の携帯番号を伺うことがございます。ご了承くださいますようお願いたします

注意事項